« お気軽にお電話ください。 | トップページ | 清水町都市内道路整備プログラムに対するご意見募集 »

2012年1月29日 (日)

北方領土について

金曜日に北方領土返還要求の静岡県大会に参加したという関連性で今日は北方領土のことを書きます。

 玄葉大臣が外務省飯倉公館でロシアのラブロフ外相と会談し、懸案の北方領土問題について、「静かな環境」で議論を継続することで一致したとのことです。

実質協議は、今年5月のロシア新政権発足後に持ち越しになったようです。

静かな環境で議論を継続という言葉についてですが、静かな環境では国民世論が高まりませんよ。
とにかくうるさい環境でやるくらいでないとマスコミは取り上げてくれません。マスコミに取り上げられるような交渉をしていくことが必要ではないでしょうか。

現状ではかなり厳しい状況です。一時期よりも後退したといっても過言ではありません。
一部ではロシアの外務大臣が強硬な態度で領土主張をするとの話もあります。

ロシアがどんな態度にでようとも一歩も引かず、はっきりと日本の領土だという強い抗議も必要であると考えます。
もともと日本のものなのですから。
外国との交渉は弱みを見せるとつけこんできますから気をつけないといけません。

それと北方領土問題のことについてあまりよく知らないという方がおりましたらこちらのHPに詳しく書いてあります。
まずは知ることから全てが始まります。
http://www.hoppou.go.jp/
http://www.hoppou.go.jp/gakusyu/naruhodo/naruhodo_top.html


ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村


こちらもお願いします。
人気ブログランキングへ

|

« お気軽にお電話ください。 | トップページ | 清水町都市内道路整備プログラムに対するご意見募集 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171099/43914128

この記事へのトラックバック一覧です: 北方領土について:

« お気軽にお電話ください。 | トップページ | 清水町都市内道路整備プログラムに対するご意見募集 »