« 5年で無期雇用 雇用対策の難しさ | トップページ | TPP事前交渉 »

2012年2月 9日 (木)

市民団体が浜岡原発の再稼動問う住民投票へ向けて署名活動

市民団体の原発県民投票静岡が浜岡原発の再稼働の是非を問う住民投票条例の制定を直接請求するため、署名活動を行うと発表したとのことです。

浜岡原発に関しては様々な意見がありますが、私の考えは以前も書いたとは思いますが、原発は基本的に反対であり、しかし今すぐ全てをなくすことは地域の経済に影響が出る可能性があるので、経済への影響が少なくなるように対策をまず立てること、そして風力、太陽光、水力などとあらゆる発電を増やすことをしていき、徐々になくしていくべきと考えております。

今すぐ原発を全て停めても電力は問題ないという意見もありますし、其の考えも正しいのかもしれません。しかし政府がやる必要がないのに原発反対論を牽制する為に、昨年やったような計画停電をまたやられるようなことがあったらまた経済への打撃が大きくなってしまいます。

停電により工場が生産できなくなったり、商店が休まなければならなくなれば当然働いている人の給料は減りますからね。

原発のことに対する知識などは今以上に得ていかなくてはならないことと私自身考えておりますし、新エネルギーの開発は新しい産業になることは間違いないので、そのための策も考えていかなくてはならないと思います。その取り組みも個人的に進めていきます。

ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村


こちらもお願いします。
地域情報 ブログランキングへ

|

« 5年で無期雇用 雇用対策の難しさ | トップページ | TPP事前交渉 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171099/44050480

この記事へのトラックバック一覧です: 市民団体が浜岡原発の再稼動問う住民投票へ向けて署名活動:

« 5年で無期雇用 雇用対策の難しさ | トップページ | TPP事前交渉 »