« 歯の健康まつり | トップページ | スーパーカドイケの横に塾が開校 »

2012年5月22日 (火)

がれき受け入れ もし被害があった場合 責任の所在を

東日本大震災で発生したがれきの受け入れ問題で、北九州市は試験焼却する宮城県石巻市のがれき約80トンを北九州市小倉北区の市の倉庫に搬入しようとしたところ、反対派の人々がトラックの前に立ちはだかり、搬入を阻止したとのことです

ついにここまでのことが起きてしまったのか。という驚きの気持ちです。

私は思うのですが、がれきを受け入れる以上は、もし放射能などが出て健康に被害が出た場合に対して誰がどう責任をとるのか。はっきりと決めるべきですよ。

被害が出ても直接関係ないなどとごまかすことは絶対に許されないですよ。しっかりと因果関係を調べて、責任の所在を明らかにする。

責任逃れなんて許されないですよ。

それが出来て初めて受け入れを表明する権利があるのではないかと思います。

ランキングに参加しています。良かったらクリックしてください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村こちらもお願いします。
政治 ブログランキングへ



|

« 歯の健康まつり | トップページ | スーパーカドイケの横に塾が開校 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171099/45368459

この記事へのトラックバック一覧です: がれき受け入れ もし被害があった場合 責任の所在を:

« 歯の健康まつり | トップページ | スーパーカドイケの横に塾が開校 »