« 清水町温水プールわくわくの利用者150万人達成 | トップページ | 清水町総合型地域スポーツクラブ設立 »

2012年6月16日 (土)

ネーミングライツで有名な泉佐野市が視察有料化

 皆様こんばんわ清水町議会議員 高木かつよしです。

市名のネーミングライツで自主財源を確保することに取り組んでいる大阪府泉佐野市は15日、府外の自治体などから同市を視察に訪れる議員や職員1人につき千円を徴収すると発表しました。


全国的に有名になり視察するところがかなり増えてきたということで今回の取り組みをすることになったようです。

さすが大阪商人ですね。なかなか出来ることではありません。

なりふり構わず自主財源確保に取り組む姿勢はある意味では見習うべきだとは思います。多少やりすぎな面は否めませんが。

さまざまなアイディアを出し合いまちを良くして行く。これは地方自治の基本ではないかと思います。

ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村こちらもお願いします。
地域情報 ブログランキングへ

|

« 清水町温水プールわくわくの利用者150万人達成 | トップページ | 清水町総合型地域スポーツクラブ設立 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171099/45679164

この記事へのトラックバック一覧です: ネーミングライツで有名な泉佐野市が視察有料化:

« 清水町温水プールわくわくの利用者150万人達成 | トップページ | 清水町総合型地域スポーツクラブ設立 »