« 東電の株主総会に思うこと 政治も電力会社も変わらなければならない | トップページ | 平成24年度第2回定例会の一般質問動画 »

2012年6月28日 (木)

泉佐野市の犬税について

ネーミングライツで有名になった大阪府泉佐野市が犬や猫のふんの放置対策の財源として飼い主を対象にした「犬税」(仮称)を導入する検討しているようです。

この自治体は斬新なアイディアを多く出していて注目しているのですが、これは賛否両論かもしれないですね。

でも犬のふんの放置は許されることではありません。それに対しての対策は絶対に必要ではないかと思います。

泉佐野市ではペットのふんの放置やたばこの吸い殻のポイ捨てを禁止。違反者には1000円の過料の徴収を定めているようですが、過料ですので法的拘束力がないんです。

私は悪質な違反に対しての罰則は強化するべきという考えです。ただ過料だと徴収できずに終わってしまうことを考えると法的拘束力のある罰則規定を作ることをできるようにしていく必要があるのではないかと思います。

国のほうで厳しい罰則基準を定めることも必要ではないでしょうか。

ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
地域情報 ブログランキングへ

|

« 東電の株主総会に思うこと 政治も電力会社も変わらなければならない | トップページ | 平成24年度第2回定例会の一般質問動画 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171099/45976103

この記事へのトラックバック一覧です: 泉佐野市の犬税について:

« 東電の株主総会に思うこと 政治も電力会社も変わらなければならない | トップページ | 平成24年度第2回定例会の一般質問動画 »