« 県内で不審電話が多発 | トップページ | 地域少子化対策強化交付金(仮称) »

2013年12月22日 (日)

静岡新聞 国会議員の活動自己採点に思うこと

静岡新聞に静岡県内の国会議員の今年の活動に関する自己採点が掲載されていましたが、自己採点に関しては人それぞれの考えがあるので、良いのですが、地元の要望を伝えたことを書いてある議員もいれば、国会での質問や議員立法の数の多さを書いてある議員もいました。

要望と質問、議員立法どちらも大事だと思うんですよ。でもどちらも大事なのに世間の評価は、質問と議員立法を多くやったことに対してそんなに高くないんですよね。

それに対しての理解を高めていくことも大事ではないかと思いますね。政治に対する見方を変えてもらうにはどうすればいいのか。難しい問題です。



ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村

静岡県 ブログランキングへ

 

|

« 県内で不審電話が多発 | トップページ | 地域少子化対策強化交付金(仮称) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171099/54346849

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡新聞 国会議員の活動自己採点に思うこと:

« 県内で不審電話が多発 | トップページ | 地域少子化対策強化交付金(仮称) »