« 靴の底が無くなる。 | トップページ | 砂漠に水を »

2015年3月13日 (金)

独立行政法人国立病院機構静岡医療センターと町は、「災害時における地下水供給に関する協定」を締結

災害拠点病院に指定されている独立行政法人国立病院機構静岡医療センターと町は、「災害時における地下水供給に関する協定」を締結し、災害時に医療活動に必要な水以外の余剰分を地域住民に無償で供給していただけることとなりました。

やはり食べ物と水が無いと人間は生きていけません。新たに水の確保が出来たということは、非常に町の防災対策にとってプラスになるのではないでしょうか。


ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ

にほんブログ村

静岡県 ブログランキングへ

 

|

« 靴の底が無くなる。 | トップページ | 砂漠に水を »

清水町情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/171099/59254461

この記事へのトラックバック一覧です: 独立行政法人国立病院機構静岡医療センターと町は、「災害時における地下水供給に関する協定」を締結:

« 靴の底が無くなる。 | トップページ | 砂漠に水を »