浜岡原発問題

2013年1月22日 (火)

浜岡原発の防波堤の効果を模型で検証実験

みなさまこんばんわ高木克佳です。

中部電力が浜岡原発の津波対策として建設中の防波壁を越える波が到達したと想定した模擬実験を、報道各社に公開し、原子炉建 屋などの模型に高さ18メートルの防波壁を2~3メートル超える津波がぶつかったと仮定した実験では、壁を越えて水が敷地内に浸入し、建屋周辺が水浸しになったようですが、しかし防波壁を4メートルかさ上げし、22メートルにしたと想定して同じ波をぶつけると、壁は波を止め、敷地への流入はほとんどなかったとのことです。

電力会社は無理な実験はしないと思いますし、これだけで本当に大丈夫なのでしょうか。心配ですね。

これ以外の実験とかはしないんですかね。やはり色々な実験をすることが大事ではないかと思うんですよ。自然の力は恐ろしい。想定外のことは当たり前のように起こります。

再稼動ありきの実験では困ります。


ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

静岡県 ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

原発住民投票の条例修正案を提出

浜岡原発の再稼働の是非を問う住民投票条例案を巡り、条例案を作成した市民団体が、知事が条例修正案を県議会12月定例会に提出するよう求める知事宛ての要望書を提出したようです。

また県議会での条例案否決をどう思うかと尋ねる世論調査を民間会社に依頼したことを明らかにしたとのことで、これはどのような結果になるのか私は関心があります。
以前より大々的にアンケートをとるべきだと考えていました。住民投票こそが意見を聞く一番の場だとは思いますが、まずはアンケートという形での意見聴衆が必要ではないでしょうか。

その意見と約16万人の署名を参考に条例の賛否を考えていただけたらと思います。民意を全く無視することは民主主義としていいこととは思えません。

ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
静岡県 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

浜岡原発再稼動の是非を問う住民投票条例案が否決

県議会で浜岡原発の再稼働をめぐる県民投票条例案の原案は賛成0、反対65の全会一致、修正案も賛成17、反対48という大差での否決しました。

約16万5千人の意見というものは非常に重いものではないでしょうか。否決は残念な結果ですね。

ただ浜岡原発の安全性を確保するための議員連盟を発足させる方針とのことなので、この連盟でしっかりと16万5千人の意見をすべては難しいとしても尊重するような取り組みをしてほしいと思います。

浜岡原発の再稼動については今後も活発な議論をしていく必要があると思いますし、県民の中でも色々な意見が出てくるのではないかと思います。


ランキングに参加しています。よかったらクリックしてください。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
静岡県 ブログランキングへ




| | コメント (0) | トラックバック (0)